University of Tokyo - Department of Architecture

Koichi Kato Lab

logo_Kato

私たちは、西洋を中心とする建築の歴史を研究する研究室です。建築史研究は、知的刺激に満ちあふれた学問であり、建築の魅力を解き明かす重要な分野であると、私たちは考えています。

閉塞感にとらわれた現代社会のなかでは、実践的ですぐに役に立つ学問が求められがちですが、じつは社会全体の傾向が実学主義にシフトしている現状こそ、思考の自転車操業ともいうべき結果をもたらし、社会をますます先の見えないものにしているのではないでしょうか。
歴史研究は、直接的には現代社会にとってまるで役に立たないものかもしれません。しかしながら、近視眼的に現代社会・現代建築の問題にアプローチするのでなく、歴史的な視野に立って建築の過去、現在、未来を見通すことができるということは、建築史分野の特権です。
歴史上の魅力溢れる建築の数々を真摯な姿勢で研究することが、ひいては現代建築、さらには未来の建築を説き明かす建築理論を構築することに繋がると、私たちは考えています。